おげんきですか?

 

 

ご無沙汰しております、院長です。

 

 

ここ最近は、出張などで治療院にはなかなかいなかったので、その間、副院長が勉強になるBLOGを書いてくれました。

 

 

ありがとうございます。

 

 

さて、治療院のカラダにいいものシリーズと勝手に名付けましたが、今回は新たに『塩』を仕入れてきました。

 

 

以前、BLOGでも紹介させていただいた、これです。

 

 

しお

 

 

高知でもなかなか手に入らない、このお塩。

 

 

絶品です。

 

 

3つ仕入れてきたんですが、早くも残り1つとなりました・・・。

 

 

購入とご予約はお早目に。

 

鍼灸マッサージLIFE±治療院
横浜市西区浅間町1丁目7-12 PRESTIGE浅間町
電話:045-883-6025
@:life.hari9massage@gmail.com

診察日:火曜日~土曜日 10:00~19:00 日曜日 10:00~15:00
休診日:月曜日・祝日

※時間外診療
8:00~10:00・19:00~21:00の時間外のご予約もお取り頂けます。
時間外診療は完全予約制になります。
前日の最終受付までにご予約をお願い致します。

卵子の若返り? 卵子の核置換

おげんきですか?

最近続けていた女性ホルモンとの付き合い方5か条、第3か条まで進みましたので、今日は第4条!と思いましたが、今日は不妊治療で取り上げられるニュースについてかくことにします

 

”若い女性の核と置換して卵子の活性化を図る”

そのような言葉を雑誌やニュースで耳にしたことがある方もいるかもしれません。

 

高齢の方の卵子は未成熟なものが多くなり、正常な受精卵が出来づらくなる傾向があります。

 

その様な卵子の核を取り除き、第三者の正常な卵子の核を抜いたものに置換して卵子の活性化をはかるという研究をしている病院があります。この研究は今後の不妊治療の新たな方法になるのでないかという期待もありますが、実際の臨床に使用されるかどうかというのはまだまだ時間がかかるいうのが現状です。

 

そんな中、英国上院ではこういった卵子の核置換の新技術が少し前に承認されました。

「ミトコンドリア置換(mitochondrial replacement)」もしくは「3人の親による体外受精(three-person IVF)」と呼ばれる遺伝子改変型の生殖医療技術の実施を認める法案が可決され、今年の2月に生殖医療に関する法律を改正、来年にもこの新技術で赤ちゃんが生まれるということです。

 

しかしこれはミトコンドリア病の女性に限定して承認されたもので、ミトコンドリアDNAに異常があると子供の心臓や脳に障害が出ることがあり、今回の承認はこの異常に対処するもののようです。

 

置換された卵子の核のミトコンドリアも独自のDNAを持つため、この方法で生まれた子供は父母と卵子提供者の3人のDNAを引き継ぐことになり、それが”3人の親による体外受精”とよばれる理由で、日本では今後も慎重に議論が必要なのではないかといわれています。

 

日々進化している生殖医療の分野で、新たな技術が”妊娠そして出産”という期待に繋がる可能性も多いですが、倫理的な問題など超えなければならないハードルも大きく、なかなか現実的にならないということも多いと思います。

 

今後も新たな技術に注目しながらも、人間のからだが本来もつちからの可能性を最大限に引き出す東洋医学の治療と西洋医学の治療の相乗効果で妊娠、そして出産する女性が増えることを願ってやみません。

 

鍼灸マッサージLIFE±治療院
横浜市西区浅間町1丁目7-12 PRESTIGE浅間町
電話:045-883-6025
@:life.hari9massage@gmail.com

診察日:火曜日~土曜日 10:00~19:00 日曜日 10:00~15:00
休診日:月曜日・祝日

※時間外診療
8:00~10:00・19:00~21:00の時間外のご予約もお取り頂けます。
時間外診療は完全予約制になります。
前日の最終受付までにご予約をお願い致します。

不妊治療・更年期 -女性ホルモンとの付き合いかた-③

おげんきですか?

この頃連続して不妊治療・更年期についてブログをかいております(^^)

昨日、更年期の鍼治療を受けている患者様を施術しているときに患者様より、「私は鍼治療を受けていなかったらこの更年期真っただ中にパニックになっていたと思います、本当に助かっています。」とありがたいお言葉をいただきました。

 

そ の方は更年期をむかえる前から、日頃の体調管理などで数年間診させていただいておりますが、こころやからだが大きく変化する時期に、鍼灸でからだの不快な 症状の治療はもちろんですが、施術しながら色々なお話もしますので、こころの準備やきもちのコントロールをすることができたとおっしゃっていました。

 

鍼灸で少しでも多くの女性がイキイキとした毎日を過ごせるお手伝いができると本当に嬉しいです!

 

さて、女性の養生訓5か条のうちの第1条第2条と紹介してきましたので、今日は3つ目。

 

中医学の婦人科で伝えられてきた更年期の養生訓というものがありますが、ホルモンがこころとからだに影響する女性にとって、この養生訓は更年期に限っていえることではないと思います。

更年期と不妊の両方の面で、5か条(今日は第3条)を紹介します。


「陰平陽秘」

―普段とは違うことをしてバランスをとる―

 

カラダだけではなくメンタル面でも自分の弱点がでて、バランスを崩しやすいのが不妊治療中や更年期。

もともと短気な人は火がついたようにカッカと怒りっぽくなり、内気な人はいつも以上に自分を責め、内側にこもりやすくなります。こんな時は「普段とは真逆に見えるようなことをすることによって、陰と陽のバランスを整えることができる」と中医学では考えます。

短気でせっかちな人は、喫茶店で一人静かに読書をする時間を持ってみる。内向的な人は思い切って趣味のサークルに参加したり、好きなドラマを見つけるなど新しい刺激を得てみましょう。

 

変化のとき、悩んでいるときはいつもとは違う体験を呼び込むチャンスです新しい楽しみを発見できるときでもあるのです。

 

 

女性のホルモンバランス養生訓第3条は

 

「陰平陽秘」

―普段とは違うことをしてバランスをとる―

 

でした。

 

鍼灸マッサージLIFE±治療院
横浜市西区浅間町1丁目7-12 PRESTIGE浅間町
電話:045-883-6025
@:life.hari9massage@gmail.com

診察日:火曜日~土曜日 10:00~19:00 日曜日 10:00~15:00
休診日:月曜日・祝日

※時間外診療
8:00~10:00・19:00~21:00の時間外のご予約もお取り頂けます。
時間外診療は完全予約制になります。
前日の最終受付までにご予約をお願い致します。

不妊治療・更年期 ー女性ホルモンとの付き合いかたー②

おげんきですか?

中医学の婦人科で伝えられてきた更年期の養生訓というものがありますが、ホルモンがこころとからだに影響する女性にとって、この養生訓は更年期に限っていえることではないと思います。

更年期と不妊の両方の面で、5か条を紹介します。

今日は2つ目!

 

「不急不燥」

―急がず、焦らず―

 

1年間で12回の生理がくるとしたら、妊娠のチャンスは12回、、1か月ごとに歳もとるし、卵子の老化もよく耳にする今日この頃、すぐに赤ちゃんをつくらなければ!!と焦る気持ちが出てきますよね。妊活中の夫婦を取り巻く環境は様々で、速やかに病院に行き検査をして、必要な治療があればそれを受けていく、これはとても大切な事です。

ただ、希望したらすぐに授かる人、病院に行ってすぐ妊娠する人もいますが、そうでないこともあるので、「この方法はダメだ」「自分のからだはだめかもしれない」と落胆したり、なにができるだろう?と過剰に妊活に集中してしまうことはストレスを増やしてゆき、そのストレスで心身ともに疲弊してしまうという悪循環もあるのです。

今自分にできることをひとつづつ、丁寧に続けて日々生きることで、「今日は運動できたな」「今日は夫婦で仲良く過ごして楽しかったな」など“いいこと見つけ”が上手になっていきます。

更年期においては「なんとしてもすぐになおさなければ!!」と力んでしまう人がいます。しんどくても一晩眠れば復活できた以前の自分を基本に、どんな対処法を行っても「ダメだ」「効かない」と落胆してしまうかもしれません。でも焦りは禁物。変化の時期は皆平等にやってきます。過去の自分にしがみつかずに今日の自分を大切にしましょう。気持ちがそわそわと落ち着かない時には深呼吸をして、この時期にも今この瞬間を丁寧に生きる中で、「今日は昨日よりは楽だな」「今週は3日しか肩こりがひどくならなかったな」と“いいことみつけ”が上手になってきます。

 

女性のホルモンバランス養生訓第2条は

 

「不急不燥」

―急がず、焦らず―

 

でした。

次は第3条です(^^)

 

鍼灸マッサージLIFE±治療院
横浜市西区浅間町1丁目7-12 PRESTIGE浅間町
電話:045-883-6025
@:life.hari9massage@gmail.com

診察日:火曜日~土曜日 10:00~19:00 日曜日 10:00~15:00
休診日:月曜日・祝日

※時間外診療
8:00~10:00・19:00~21:00の時間外のご予約もお取り頂けます。
時間外診療は完全予約制になります。
前日の最終受付までにご予約をお願い致します。

不妊治療・更年期ー女性ホルモンとの付き合いかたー①

中医学の婦人科で伝えられてきた更年期の養生訓というものがありますが、ホルモンがこころとからだに影響する女性にとって、この養生訓は更年期に限っていえることではないと思います。

 

更年期と不妊の両方の面で、5か条を紹介します。

 

今日は1つ目。

 

「既来之則安之」

―起こったことを素直に受け入れる―

 

よく耳にしてはいたけれど、まさか自分が不妊??体外受精をすれば上手くいくと思っていたけれど、うまくいかなかった、、周りは苦労せずに妊娠するのに「なんで私ばっかりこんなめ目に」「どうして」と悲観的になりがちです。もちろんそういった気持ちがわいてくることもあると思いますが、そういったドロドロした思いを蓋をしてみないようにするよりも、認めることも大切です。そしていつまでもそこにとどまらずに前に進んでいくことが必要ではないでしょうか。まずは“未妊の状態”を他の人と比べずに受け入れましょう。

更年期においても、ホルモンバランスが大きく変化することによって心や体の変化のときを迎え、はじめのうちはなかなか変化を受け入れる気持ちにならないものです。この時期もそういった「なんでこんなことになるのだろう」「どうして」という気持ちをまず認めてから、次の段階に踏み出すことが必要です。

まずは“私は更年期という節目を迎えたんだ”ということを受け入れましょう。

 

心身ともに弱っているときには悲観的な気持ちが出てくるのも認めて、そこから腹をくくってしまうことで、不妊であれば、じゃあ何ができるか。更年期であれば、そのからだやこころの変化に対処する。

そういったエネルギーが湧いてくると思います。

 

女性のホルモンバランス養生訓第1条は

「既来之則安之」

―起こったことを素直に受け入れる―

 

でした。

 

鍼灸マッサージLIFE±治療院
横浜市西区浅間町1丁目7-12 PRESTIGE浅間町
電話:045-883-6025
@:life.hari9massage@gmail.com

診察日:火曜日~土曜日 10:00~19:00 日曜日 10:00~15:00
休診日:月曜日・祝日

※時間外診療
8:00~10:00・19:00~21:00の時間外のご予約もお取り頂けます。
時間外診療は完全予約制になります。
前日の最終受付までにご予約をお願い致します。